【要約・書評】『イケハヤ流!稼ぐために“ぜったい”必要な18の思考法』を読んだ感想

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回は稼ぎたいけど稼げない人におすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者はイケダハヤトさんです。

本書から学んだこと

  • 影響力を高めるためには「広げる価値のあるアイデア」が重要。ただし「行動」が伴っていないと「広げる価値のあるアイデア」にはならない。
  • 恥を捨てろ!恥を捨てることで、挑戦の回数が増える。挑戦の回数が増えることで、成功できるチャンスも増える。
  • 努力量を見誤るな!忙しい=努力ではない。

評価

★★★★★

あらすじ・内容

この世には2種類の人間がいます。 それは「稼げる人」と「稼げない人」です。 あなたは「稼げる人」でしょうか? それとも、「稼げない人」でしょうか? がんばってもがんばっても稼げない人には、3つの特徴があります。 「すぐに教わろうとする」 「作業量が足りない」 「結果をすぐに求める」 ……ドキッとした人は、チャンスです。 言い換えると、この逆のメンタリティを持てば稼げるようになります。 つまり、 「自力で仮説検証する」 「人より作業する」 「成果を急がない」 という人になれば、稼げるようになるということです。 ぼくはブログで億を稼ぎ、数多くのビジネスにチャレンジしてきました。現在もYouTubeやオンラインサロンの運営など、色々な活動をしています。 SNSの総フォロワーは50万人(2020年9月時点)を超える、いわゆるインフルエンサーです。ネット系のビジネス界では、それなりに有名な存在になっています。 そんなぼくが今回お話する内容は、「楽に」稼げるようになるための思考法ではありません。というより、そんな思考法は世の中に存在しません。 本書では、より「本質的」に稼ぐための思考法を解説しています。本書に書かれている思考法を実践していくことで、少しずつですが確実に稼げるようになるでしょう。 今回紹介する18の思考法は、すべて少しずつ繋がっているので、ぜひさいごまで読み進めてください。あなたの頭の中で思考法が少しずつ繋がり、本書を読み終えたあとは、何か「行動」したくてウズウズしているはずです。

感想

ひとこと感想

努力量を見誤るな!

思ったこと・感じたこと

成果を出す人の思考法が学べる。 特に努力量の違いなどが伝わるかと思います。

よく書店で見かけるような自己啓発系は、読者に寄り添う形で優しく行動が大切と諭してくれますが、本書では稼げない人の特徴を直球で攻めてくるので、胸に言葉が突き刺さります。

Kindle unlimitedで無料で読めますし、自己啓発系の中でもコスパが最高の一冊かと。 74ページとすぐに読み終わるのでまずは本書を読むことから行動するのがおすすめ。

琴線に触れた言葉

大人になっても「恥ずかしい」と言う気持ちがあるのはまだまだ幼稚です。そもそも、皆さんが恥だと思っていることは恥ではないですからね。

終わり

今回は『イケハヤ流!稼ぐために“ぜったい”必要な18の思考法』について書きました。

副業などで、稼ぎたいけど稼げていない人におすすめの一冊でした。

最新情報をチェックしよう!