【要約・書評】『枠を壊して自分を生きる』を読んだ感想|死ぬ気でやる

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回は何か結果を出したい人におすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者は〜です。

本書から学んだこと

  • 「考えている」状態の時だけが「人間でいられる時間」。そして、「問い続ける価値」のある問題を見つけることで、人生はシンプルになる。
  • 社会から賞賛される結果を出すには、「死ぬ気でやる」こと。「これができなければ本当に死ななければならないんだ。死ぬんだ」という強い暗示をかけて取り組む。
  • 「与えられた問題を解く」というスタイルから「とくべき問題を発見する」というモードに切り替える。

評価

★★★★★

あらすじ・内容

「正解」がないこの世の中を賢く生き抜くために―たとえば、夢、家族、友達、自分らしさ、仕事、そして人付き合い…。枠を壊して、バイアス(偏見)をゼロにして、これらのことについて考えてみると、今まで常識だと信じ込んでいたことが、実は誰かがつくった都合のいいルールに過ぎなかったことに驚かされるでしょう。本書では、その「枠を壊す」具体的なヒントを考えていきます。もう他人や常識に振り回されることなく、もっと自由に生きられる道が、あなたの前にも開けているのです。(著者)

感想

ひとこと感想

「死ぬ気でやる」

思ったこと・感じたこと

まさか本書のメッセージが「死ぬ気でやる」となるとは初めは思っていなかったのである意味衝撃。

勝手なイメージでもっと冷静沈着にコツコツ積み上げろとか言いそうな人だと思っていた。

本書の言葉はどれも力強く、人間として生きること、そして何かを成し遂げるために必要な思考が学べる良書でした。

琴線に触れた言葉

「生き方を見せてくれる人」があなたの師匠。何かを細かく教えてくれるような人は師にしないほうがいい。それは矯正しようとする人だから。

終わり

最新情報をチェックしよう!