【要約・書評】『自分の運命に楯を突け』を読んだ感想|「凡人です」なんてただの自惚れ。

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回は〜人におすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者は芸術家の岡本太郎氏です。

本書から学んだこと

  • 寂しい寂しいと言うのは、自分に甘ったれて誤魔化しているだけだ。寂しいと言うことは生きがいを見つける素晴らしいきっかけであり、エネルギーだと思えば、勇気が湧いてくる。
  • 今はまだ模索中だとか、漠然と社会のために尽くしたいなんて考えていてはダメだ。これらはごまかしに過ぎない。今漠然としているものは、永遠と漠然とする。
  • 「私は凡人です」と言うのは自己逃避に過ぎない。そしてそれはただの自惚だ。

評価

★★★★★

あらすじ・内容

己れをつらぬけ、平気で闘え、自分のスジをまもれ、マイナスに賭けろ…。太郎は文章を通じて「どう生きるか」を公言し続けた。先が見えない現代だからこそ、その閉塞感をスパッと切り裂いてくれる太郎の言葉〈メッセージ〉は、時代を超えて私たちの魂を射ぬく。本書は、いまも読み継がれているベストセラー『自分の中に毒を持て』の姉妹本である。

感想

ひとこと感想

「私は凡人です」なんてただの自惚だ。

思ったこと・感じたこと

本書からは、人に甘えるな、具体的な夢をいま持て、自惚れるな、などのメッセージが伝わった。

自信がなくなった時や周りからの評価を気にし過ぎてしまっている人におすすめしたい一冊。

読んでいるとどんどん勇気が湧いてきます。

琴線に触れた言葉

決意とは自分の人生の全てを賭けて下す行動だ。なまやさしいもんじゃない。

僕は毎朝毎朝、生まれ変わった気持ちで迎えている。毎朝が自分の人生の始まりだと思って人生をかけている。

終わり

今回は、岡本太郎さんの『自分の運命に楯を突け』について書きました。

本作はとても勇気つけられる一冊でした。

自信をつけたい方、周りからの評価を気にしてしまう方におすすめ!

最新情報をチェックしよう!