【要約・書評】『幸せになる勇気』を読んだ感想|与えよ、さらば与えられん

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回はアドラー心理学に興味のある人におすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者は岸見一郎氏です。

本書から学んだこと

  • 教育とは「介入」ではなく、自立に向けた「援助」であり、その目標は「自立」である。
  • 与えるからこそ、与えられる。「与えてもらうこと」を待ってはならない。
  • 愛は「落ちる」ものではなく「決断」である。

評価

★★★★★

あらすじ・内容

人は幸せになるために生きているのに、なぜ「幸福な人間」は少ないのか?アドラー心理学の新しい古典『嫌われる勇気』の続編である本書のテーマは、ほんとうの「自立」とほんとうの「愛」。そして、どうすれば人は幸せになれるか。あなたの生き方を変える劇薬の哲学問答が、ふたたび幕を開ける!!

感想

ひとこと感想

自立と愛について。

思ったこと・感じたこと

本書の前半は、教育に関する内容で仕事や交友関係で重要な考え方を学べる。後半は愛に関する考えについて。

嫌われる勇気がアドラー心理学の導入だとすれば、幸せになる勇気は実生活にどう活かすかを示すガイドライン的存在。

嫌われる勇気の次に本書を読むことで、アドラー心理学への理解がさらに深まる。

琴線に触れた言葉

全ての出会いと全ての対人関係において、ただひたすら「最良の別れ」に向けた不断の努力を傾ける。

終わり

今回は『幸せにあんる勇気』について書きました。

嫌われる勇気を読んだことのなる方、対人関係で悩んでいる方におすすめの一冊。

最新情報をチェックしよう!