【要約・書評】『孤独がきみを強くする』を読んだ感想|「孤独」ってなんだ。

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回はバチバチにやる気の出る自己啓発本を探している人におすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者は芸術家の岡本太郎氏です。

本書から学んだこと

✔︎本当の孤独とは、全てに妥協しないで自分を貫いていくことである。

✔︎自分らしくある必要はない。むしろ”人間らしく”生きる道を考えろ。

✔︎本当に生きるとは、自分は未熟なんだという前提のもとに生きること。この世の中に完成なんてものは存在しない。

評価

★★★★★

あらすじ・内容

たったひとりの君に贈る、岡本太郎の生き方。孤独はただの寂しさじゃない。人間が強烈に生きるバネだ。孤独だからこそ、全人類と結びつき、宇宙に向かってひらいていく。群れるな。孤独を選べ。

感想

ひとこと感想

やりたいこと、やったことだけが自分なんだ。

思ったこと・感じたこと

岡本太郎さんの言葉はいつ見てもやる気や勇気が湧いてくる。

自分らしくある必要はない。むしろ”人間らしく”生きる道を考えてほしい。

こんなに弱い、なら弱いまま、ありのままで進めば、逆に勇気が出てきるじゃないか。

これらの言葉を胸に、自分の好きなこと、やりたいことを一歩ずつ押し出していければいいなと思う。

琴線に触れた言葉

自分に忠実だなんていう奴に限って、自分を大事にして、自分を破ろうとしない。

もし君が自分は未熟だと悩んでいるとしたら、それは未熟であることをマイナスに考えている証拠だ。未熟を決意するのは、素晴らしいことだ。

僕がほしいのは、マグマのように噴出するエネルギーだ。あとは何も要らない。

終わり

今回は、岡本太郎さんの『孤独がきみを強くする』について書きました。

岡本太郎さんの作品をそこまで知らない僕ですが、岡本太郎さんの言葉にはいつも力をもらっています。

マグマのようなエネルギーの出る本を探している人におすすめの一冊!

最新情報をチェックしよう!