【要約・書評】『反応しない練習』を読んだ感想|苦しみの原因は”執着”にある。

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回は悩みの苦しみを断ち切りたい人におすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者は草薙龍瞬氏です。

本書から学んだこと

✔︎苦しみの原因は”執着”にある。執着に対して無駄な反応をしないことで苦しみを断ち切ることができる。

✔︎執着には、叶わないものへの執着、やがて失われるものへの執着、思い通りにならないものへの執着の3つがある。

✔︎困った相手とは、過去を忘れ、相手を新しい人と考え、マイナスの感情で損しない工夫が大切。

評価

★★★★★

あらすじ・内容

◎ブッダは実は、「超クール」――
“独立派”出家僧が教えるあなたの悩みを解決する「原始仏教」入門!
誰かの言葉にすぐ反応。SNS、ツイッター、ネット記事に常に反応……毎日、ムダな「反応」をしていませんか?
すべての「苦しみ」は、自分が「反応する」ことから始まっています。それを理解することが、悩みを解決する第一歩です。
その事実と、具体的な方法論を教えてくれるのは、2500年前の悟った人、ブッダ(原始仏教)。本書では、原始仏典を紐解きながら、現代人の人生に活かせる合理的な考え方を紹介します。何歳からでも始められる――「感情を、上げもせず、下げもしない」ブッダの方法。

感想

ひとこと感想

苦しみの原因は”執着”にある。

思ったこと・感じたこと

僕が思うに、反応しないことよりも、執着しない練習という方が本質的かと感じた。

本書で紹介されている苦しみの正体とは、性欲などを含む7つの欲求である。それら欲求は、いつまでも乾いている決して満たされないものである。 それなのに、それら欲求に対し無駄に反応をしてしまうから、私たちは苦しむのだと著者は主張している。

この”無駄な”反応と呼ばれるものの正体こそが執着である。反応すること自体、私たち人間、目の前の出来事に反応し何かを感じるのは当たり前です。

そのおかげもあって、人生の辛酸を思いっきり味わったり、その逆に幸福を存分に楽しめるのだと思う。

その中で苦しみが生じてしまうのは、それら人生の辛酸や幸福に執着してしまうところから生じる。

私たちに必要なのは反応しない練習ではなく、執着しない練習なのではないか。

琴線に触れた言葉

「私が言葉を語るのは、相手にとって利益となる場合である。真実であり、相手に利益をもたらす言葉であればときに相手が好まない言葉であっても語るべきときに語る。それは相手への憐れみ(慈悲)ゆえである」

終わり

今回は『反応しない練習』について書きました。

うまく悩みからの苦しみコントロールしたい人におすすめの一冊!

最新情報をチェックしよう!