【要約・書評】『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』を読んだ感想|自分を愛する心の格差

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回は沖縄に興味のある人におすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者は樋口耕太郎氏です。

本書から学んだこと

  • 沖縄の賃金は全国の最低水準で貧困率は全国平均の2倍、教育関連のあらゆる指標でも全国で最低水準を示す。
  • 沖縄の望ましくない社会構造を支える「昇進、昇給を望まない労働者」、「定番商品を買い続ける消費者」、「現状維持が最も利益を生む経営者」たち。
  • 貧困は経済問題ではなく、自尊心の低さが招く心の問題。

評価

★★★★★

あらすじ・内容

沖縄は、見かけとはまったく違う社会である。
なぜ、日本で最も援助を受けている地域が、最も貧困なのか。
沖縄の根本原因を突き詰める旅は、日本の根本原因を突き詰める旅であり、そして、私たち自身を見つめる旅である。

感想

ひとこと感想

自尊心の低さが招く心の問題。

思ったこと・感じたこと

前半部分のデータや沖縄の社会構造を支える3種類の人達の分析などは、著者の経験から得られた鋭い洞察であり大変興味深い。

そして、後半部分を通して、実は貧困がなくならない理由は日本人全般に当てはまる問題であると帰着する。

琴線に触れた言葉

自分を愛していなければ、情熱は生まれない。心が動かなければ、行動を起こせない。経済格差の本質は、つまりは、自分を愛する心の格差である。

終わり

今回は『沖縄から貧困がなくならない本当の理由』について書きました。

沖縄に興味のある人におすすめの一冊です。

最新情報をチェックしよう!