【要約・書評】『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』を読んだ感想|信用を稼げ

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回は広告戦略に興味のあるビジネスマンにおすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者はお笑い芸人のキングコング西野亮廣さんです。

本書から学んだこと

✔︎「お金」とは信用を数値化したもの。お金は稼ぐな。信用を稼げ。

✔︎人はネタバレしているものにしか反応していない。

✔︎とにかく行動する人間が、アイデアの待ち合わせ場所として重宝される。

評価

★★★★☆

あらすじ・内容

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、”現代のお金の作り方と使い方”と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。

感想

ひとこと感想

お金は稼ぐな。信用を稼げ。

思ったこと・感じたこと

非常に読みやすい。

西野さんの行動量を見て刺激をもらえる一冊。

普段本を読まないビジネスマンにおすすめ。

特に、何か世の中に届けたいものがある、人にとっては広告戦略のガイドブックとしても参考になると思う。

琴線に触れた言葉

努力量が足りていない努力は努力ではない。
誤った努力もまた努力ではない。

終わり

今回は西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』について書きました。

自己啓発書としても、広告戦略の参考書としてもおすすめの一冊!

最新情報をチェックしよう!