【要約・書評】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』を読んだ感想|文章術の指南書

はじめに

こんにちは、CenotenBlogです。

今回は文章力を身につけたい人におすすめの一冊。

本記事では、僕自身が感じたことも書いています。
皆さんの選書の参考になれば幸いです。

では早速、今回用いた本はこちらです。

著者はフリーランスライターの古賀史健さんです。

本書から学んだこと

✔︎書こうとするのではなく、頭の中の「ぐるぐる」を、伝わる言葉に”翻訳”せよ。

✔︎文章は「リズム」で決まる。文章のリズムを確認するためには音読をせよ。

✔︎人は「他人事」に興味はない。「自分事」にすることで、相手の心を動かす。

評価

★★★★★

あらすじ・内容

どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか?この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである著者が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう。

感想

ひとこと感想

文章術の指南書

思ったこと・感じたこと

はちゃめちゃにわかりやすい。 主に4つの講義から成り立っており、各講義の最後にまとめもついている。

まとめだけでも、たまに見返すだけで文章に対する意識が上がる。

文章術の本を持つならこの一冊ともいえる良書。

琴線に触れた言葉

「目からウロコ」は3割、残り7割は「すでにわかっていること」で良い

終わり

最新情報をチェックしよう!